関西ジュニア4

2021年7月22日 木曜日

本日行われた14歳以下女子ダブルスの準決勝ですが、(寿珠ちゃんペア)

2-6・5-7で負けてしまいました。

ベスト4なので全日本ジュニアは出場できそうです。

全日本ジュニアではもっと勝ってもらいたいです。

 

その前に京都はサマージュニア、奈良は奈良県ジュニア夏季大会があります。

まずはその大会でチーム全員が良い結果を出せるように暑い中練習頑張りたいです。

 

吉野浩史

関西ジュニア3

2021年7月21日 水曜日

一日遅れていた14歳以下女子ダブルスQFが本日ありました。

 

寿珠ちゃんペアが6-4・2-6・10-4 で勝ち明日の準決勝進出を決めました。

これでおそらく全日本ジュニア出場できるかと思います。

 

せっかくなのでこのまま優勝してもらいたいです。

 

吉野浩史

関西ジュニア2

2021年7月19日 月曜日

今日は14歳以下女子シングルスがありました。

現在勝ち進んでいるのは寿珠ちゃんだけです。

 

勝てば全日本ジュニア出場が決まる試合でしたが残念ながら 5-7・6-4・2-6 で負けでした。

36度もある中、フルセット戦うのは大変だったと思います。

シングルスの全日本ジュニア出場は難しいと思いますが、次の試合に向けて切り替えて頑張って欲しいです。

明日はダブルスのQFがあります。

ダブルスだけでも全日本ジュニア出場してもらいたいですね。

 

吉野浩史

 

 

関西ジュニア

2021年7月18日 日曜日

 

7月13日から関西ジュニアが始まりました。

14歳以下と12歳以下のジュニアしかいない佐保山テニスクラブは16日が初日となりました。

途中結果を報告します。

 

12歳以下男子シングルス 佑君 1R負け  5-8

12歳以下男子ダブルス  慶歩君 ベスト16  5-8

 

14歳以下男子シングルス 夏都君 1R負け 3-8

14歳以下男子ダブルス  夏都君 1R負け 0-8

                 真弥君 1R負け 0-8

 

14歳以下女子シングルス 葉乃音ちゃん 1R負け 4-8

                 さらちゃん   1R負け 0-8

                 寿珠ちゃん   ベスト16 明日続き

 

14歳以下女子ダブルス  さらちゃん 1R負け 4-8

                 葉乃音ちゃん・理沙子ちゃん 1R負け 4-8

                 寿珠ちゃん ベスト8 明後日続き

 

となっております。

今回は平日に大会があったので途中までしか観れない試合もありましたが、全体的には残念な結果でした。

決して関西の大会に混ざれないレベルではないのですが、どこか出場するだけで満足しているように見える試合もたくさんありました。

 

関西に出場することが当たり前になってくれば、もっと本気で勝ちにこだわってくれるのでしょうか?

いくら私が悔しがっても試合している本人が悔しい思いをしてくれないとどうしようもありません。

奈良県ジュニアも関西ジュニアも、あくまで全日本ジュニアの予選なので関西ジュニアがゴールにならないよう目標を高く設定してほしいですね。

 

寿珠ちゃんはシングルス・ダブルス共に残っています。

あと1回勝てば全日本ジュニアが見えてきます。

寿珠ちゃんは、去年関西大会優勝し全国大会が確定していましたが、コロナのせいで全国大会が中止になりました。

とても悔しい思いを持ち続けているので、練習も一生懸命取り組み最初から全国大会を意識しています。

今大会は調子もよく、シングルスでまだゲームも落としていません。

この調子で全国大会の切符を手に入れてほしいですね。

 

吉野浩史

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハードコート練習

2021年7月5日 月曜日

関西ジュニアが近づいてきたのでハードコートで練習をしました。

佐保山テニスクラブのジュニアは普段オムニコートで練習しているのでハードコートを使用する機会があまりありません。

今回初めてハードコートでプレーするジュニアもいました。

30度を超える暑い中、1日中練習ができました。

これでハードコート対策と暑さ対策が少しはできたかと思います。

 

来週から始まる関西ジュニアは佐保山テニスクラブから8人出場します。

2年前は1人だったので、だいぶ増えてきました。

(1年前はコロナの為中止)

頑張って勝って全日本ジュニアに出場してほしいですね。

 

ハードコートがどんどん減っていて借りるのは大変なのです。

近隣には良いハードコートほとんどないし、ちゃんとしたハードコートなら抽選でしか借りれません

1面でいいので頑張って自前のハードコートを作りたいですね。

 

吉野浩史

関西小学生

2021年5月23日 日曜日

5月22日23日、長浜ドームで関西小学生大会が開催されました。

 

佐保山テニスクラブからの参加者は、慶歩君・佑君・光輝君です。

3人出場できましたが、全員1回戦負けでした。

 

3人とも共通して言えるのは、大切なポイントを取れないということでした。

当たり前のことですが、強い選手は大切なポイントでしっかりポイントを取ってきます。

 

ポイントの取り方はどんな取り方でもいいと思います。

絶対欲しいポイントで

・一発エースをねらう選手

・何が何でも粘り倒す選手

・今まで使っていない作戦を隠し持っていて使う選手

・自分の一番得意なパターンを使う選手

・それまでの試合を冷静に分析して一番成功確率の高い作戦を使う選手

・ネットへ行ってプレッシャーをかける選手

・相手の選手の弱点を狙う選手

 

挙げるともっとあると思いますが、強い選手は、大切なその時に適した行動をとれること。

その時にその作戦を冷静に遂行できること。

成功した時に盛り上がり、次のポイントで、更に相手の動揺につけこむこと。

失敗したとしても、次のポイントに引きずらないこと。

流れが悪くなれば、間を取って冷静さを取り戻すこと。

 

などができているように感じます。

佐保山テニスクラブのジュニア達は、試合運びの部分が少し悪いと思いました。

 

ポイントを連続で取って流れがいい時は、相手が時間を取り流れがいい間のポイント数を抑えられる。

流れが悪い時は、焦ってすぐにポイントを進めどんどんポイントを連続して失っていく。

この二つが強い選手との一番の違いだと思いました。

テニスのショットの優劣や身体能力ではない部分の成長が足りないと感じました。

 

強くて勝つ選手を表現する時に

・勝負強い

・試合巧者

・賢い

・なんか知らんけど勝つ

・やりにくい

・運がいい

・(その人と戦えば)調子が悪くなる

・(その人と戦えば)イライラする

・(その人と戦えば)何もできずに終わった

 

こういった表現が出てくる場合があります。

佐保山テニスクラブのジュニアもこういった表現が当てはまるプレイヤーになっていかなければいけないと思います。

今後は、その部分を強化していくことが大切だと思います。

私にとっては、テニスを教えるよりそちらの方が難しいですね。

その部分を身に付けるために、いろいろな手段があると思いますが、練習に一層工夫しなければいけないと思いました。

 

ただ一つ言えることは、試合経験が豊富な人が圧倒的に有利だということです。

優勝する選手は、1大会で5~6試合できます。

1回戦負けする選手は、1大会で1試合です。

勝てない選手の方がたくさんの試合をまわらないといけないのです。

この部分はテニスクラブ側で行うには限界があるので、各個人で積極的にいろんな大会に出場して経験を積んで欲しいと思いました。

 

吉野浩史

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月早朝ゲーム

2021年4月19日 月曜日

早朝ゲーム 6月

 

6月の早朝ゲーム練習会の案内ができました。

7月・8月はお休みさせていただき次回は9月となります。

毎回キャンセル待ちが出る状態です。

早めのお申込みお願いします。

 

吉野浩史

謝罪

2021年4月17日 土曜日

以前私が書いたブログで、ジュニア選手を傷つける内容を書き込んでしまいました。

私が書き込んだ内容は事実でなく憶測で書き込んだものです。

私の友人から聞くと私の勘違いということがわかりました。

私の事実ではない言動で傷つけることになってしまったジュニア本人、保護者、関係者の方々に心よりお詫び申し上げます。

本当に申し訳ありませんでした。

以後このようなことが無いよう注意します。

(関連した文章は削除させていただきました)

 

吉野浩史

お手伝いしてくれる方々

2021年4月17日 土曜日

佐保山テニスクラブの練習に、くろたけ整骨院の院長黒田岳志先生が来てくれることになりました。

黒田先生は奈良県で国体選手になったことがあるテニスプレイヤーでテニスコーチの経験もあります。

 

佐保山テニスクラブのジュニア達の学年が大きくなってきたので、トレーニングの重要性が今までより更に高くなってきます。

また成長に伴った怪我なども増えて来る年代です。

 

黒田先生はスポーツ障害・怪我の予防に必要なストレッチ・正しい身体の使い方・パフォーマンスアップの為のトレーニングを行ってくれます。

もちろんテニスもばっちり教えてくれます。

万が一怪我してしまった時も、普段からジュニアのフォームや動きを見てくれている先生ならば治療も安心です。

テニスの専門家であり、身体の専門家でもある黒田先生が来てくれることは、佐保山テニスクラブのジュニア達にとってはとても頼もしい存在になると思います。

本業のくろたけ整骨院がお忙しい中、本当にありがとうございます!

 

ジュニアの人数も増えてきたので、教え子達にもお手伝いに来てもらうことになりました。

今までもイベントに来てくれたり、試合前のヒッティングパートーナーとして来てくれたりしていました。

Wilsonのバッグを持っているのが、鶴田敦也君

リュックサックを背負っているのが、佐々木達郎君です。

 

敦也君はコスパあやめ池の時の教え子で、高校生の時は奈良県ジュニアで準優勝しています。

コスパあやめ池は、選手育成クラスなどはありません。

その練習と部活動で、これだけの大活躍することは、ものすごいことです。

現在は関西学院大学に通っています。

今まではスポットで来てもらっていましたが、これからは定期的にきてもらいます。

 

達郎君はTEAMSTUFFの時の教え子で、私が佐保山テニスクラブで始めた当初は、佐保山テニスクラブにも来てくれていました。

現在は同志社大学に通っています。

先日行われた奈良県選手権準優勝しました。

奈良県選手権は全日本選手権・国民体育大会・都市対抗などいろいろな予選を兼ねているため、本気でテニスするプレイヤー達が一番目標にしている大会です。

達郎君は体育会テニス部に所属しているため今まで通りスポットで来てもらうことになります。

 

古川真澄コーチ

私がいつもガットを張ってもらっているラケットサロンの代表です。

古川さんはテニスコーチとテニスショップをされています。

テニスの専門家であり、ガット張替え、道具選びの専門家です。

私もガットの張替えだけでなく、シューズのインソール制作や佐保山テニスクラブオリジナルTシャツの制作などもお世話になっております。

佐保山のジュニアのプレーもよく見てくれて、個々のジュニアに合ったガット選びをしてくれています。

試合前日の練習でガットを切ったジュニアのガットを張り替えて、試合当日会場に直接届けてくれたこともありました。

忙しい中、店と佐保山テニスクラブを行き来してくれます。

とても助かっております。ありがとうございます。

 

他にも佐保山テニスクラブの方々、保護者の方々など、数多くの方々にお世話になっております

私一人では不十分な部分もたくさんありましたので、いろんな人達の協力を得て、ジュニア達の練習環境をどんどん良くしていきたいです。

ご協力してくださる皆様、本当にありがとうございます!

 

吉野浩史

 

 

 

奈良県小学生 2度目のタイトル!

2021年4月11日 日曜日

本日は、奈良県小学生 ベスト8 ~の試合がありました。

ベスト8 に3名のジュニアが残ってくれていました。

結果は

 

光輝君  6位

佑君    5位

慶歩君   優勝

 

素晴らしい結果です。

おめでとうございます。

 

詳細は

 

光輝君

準々決勝         5-7 

5~8位決定戦      6-1

5~6位決定戦      0-6

 

佑君

準々決勝         4-6

5~8位決定戦      6-1

5~6位決定戦      6-0

 

慶歩君

準々決勝         6-2

準決勝           6-4

決勝            8-5

 

佑君が準々決勝負けた相手

光輝君が準々決勝で負けた相手

2人に慶歩君が勝って敵を取って優勝してくれました。

 

奈良県小学生大会は2年前に第1回大会が開催されました。

第1回大会は、夏都君が優勝してくれました。

第2回大会は、陽平君が第1シードでしたが、コロナで延期になりました。

延期になった大会には陽平君が受験勉強で出場することはできませんでした。

そして第3回大会は、慶歩君が優勝です。

 

もしコロナで延期が無ければ佐保山テニスクラブが、3連覇していたかも知れません。

12歳以下大会から早生まれの選手が出場できないので、12歳以下の大会よりは勝ちやすいのです。

そのため良い結果が出せていると思います。

 

今回、

ノーシードから 6位 になった光輝君

シード通り 5位 だった佑君

4シードから 優勝 した慶歩君

みんな一生懸命頑張ってくれたと思います。

 

佐保山テニスクラブのトップアスリートクラスに通っている6年生は3名しかおりません。

その3名全員が関西小学生大会の出場権を獲得しました。

昨年も4名の6年生が全員出場してくれました。

とても嬉しいです。

 

私の指導は、他の指導者に比べてとても厳しいと思います。

他のクラブのジュニア達より頑張っているのに結果が出ない、

厳しい練習を精一杯やっているジュニア達が勝てないと、等になると、とても辛くなります。

そういうことが続くと、無駄にしんどい練習をしているのではないかと思うこともありました。

今回は結果が出て厳しい練習に耐えてきたジュニア達が報われて良かったです。

 

佐保山テニスクラブのジュニア達は、本当にテニスが大好きで一生懸命練習してくれます。

それだけでも素晴らしいことだと思うのですが、関西大会出場という目に見えるご褒美ができて本当に良かったです。

他のクラブより厳しい分、より成果が上がるようにしていきたいです。

以前も書きましたが、佐保山テニスクラブで毎日一生懸命練習してくれたジュニアは全員が関西大会に出場する。

そういったクラブにしていきたいですね。

もちろん関西大会出場というのは最初の目標です。

それが達成すれば全国大会出場、全国大会優勝、世界へと目標をどんどん高く大きく持っていたいですね。

 

5月に関西小学生大会があります。

今回の結果は慶歩君が1番でしたが、光輝君も佑君も関西では逆転すると闘志を燃やしてくれると思います。

関西小学生でも勝ち進み全国小学生に出場できるように引き続き厳しい練習を頑張っていきたいと思います。

 

吉野浩史

 

 

 

 

 

 

 


Copyright(C) 吉野テニス企画. All Rights Reserved.