ヨーロッパ遠征2

2022年6月23日 木曜日

ヨーロッパ遠征中の寿桃ちゃんの報告が入りました。

2か国目のスイスのでの結果です。

 

シングルス 1R 6-0 6-0

        2R 2-6 2-6

 

ダブルス  1R 6-1 6-1

        2R 7-5 6-0

        SF 6-2 6-3

        F 棄権

 

シングルスベスト16 ダブルス準優勝となりました。

 

ダブルスが棄権になっておりますが、次の遠征先のオランダでのシングルスの予選と重なったため棄権しました。

本戦同士なら日程が重ならないようになっているのですが、予選とは重なることは良くあります。

早くランキングをあげて、本戦ストレートインできるようになれば遠征予定も組みやすくなってきます。

 

厳しい話ですが、国際大会などでは、外国に試合に行ってもランキングがなければ、予選にも参加できず帰国することもたくさんあります。

昔は日本である国際大会はグレードの高い試合ばかりでした。

そのため国内の試合でも出場が難しく海外でポイント稼いでいくしかありませんでした。

最近ではグレードの低い試合も増えてきましたので、日本でポイントを取ってランキングを上げて海外に挑戦することができるようになりました。

日本にグレードの低い大会を作るために、色々な方々がご尽力してくださったおかげで現在の環境があります。

ありがたいことです。

 

話はそれましたが、次は今回の遠征で最後の目的地のオランダです。

シングルス・ダブルス両方この遠征での最高の結果を残して欲しいですね。

 

吉野浩史

 

 

 

 

        

ヨーロッパ遠征

2022年6月11日 土曜日

ヨーロッパに遠征中の寿桃ちゃんから報告がありました。

最初はイタリアです。

 

Torneo U14 -Brindisi

 

シングルス

 

1回戦 6-3・4-6・2-6 負け

 

ダブルス

 

1回戦 7-5・6-2

2回戦 6-2・6-0

SF   6-1・6-2

F    6-3・6-3

 

優勝です。

凄いですね。

 

シングルスは、1回戦で負けましたが、予選を勝ち上がったので良かったです。

ダブルスでの優勝を自信にして次の大会は、シングルスでも上位進出を狙って欲しいですね。

 

次はスイスで、最後がオランダです。

今回は日本では少ないクレーコートを中心にツアーを組んでいます。

ハードコートと比べ、戦術面・フィジカル面・メンタル面が鍛えることができそうですね。

クレーコートで得れることは多いと思いますのでたくさん学んできて欲しいですね。

 

吉野浩史

 

 

ダブルス

関西小学生

2022年5月22日 日曜日

関西小学生が始まりました。

佐保山テニスクラブからの出場者は匠君です。

結果は1回戦 4-8でした。

 

対戦相手は粘り強い相手で、スコア以上に長く競り合った試合でした。

試合というのは、技術を発揮する場所ではなく、体力と精神力を削りあう場所だということを痛感しました。

技術というのは、体力・精神力を削るために必要な道具で、その部分が試合の勝ち負けの決定づけるモノではないということです。

 

普段の練習は時間が限られていることもあり、合理的にメニューを考えがちです。

技術の習得には良いかもしれませんが、試合での強さを身に付けることには結びつかないかも知れません。

練習の中でも遊びの部分が多く入った方がいいのかもしれません。

これからは、試合中の発想力が広がるような工夫を練習に組み込んでいきたいですね。

 

吉野浩史

全国選抜

2022年5月15日 日曜日

5月12日から千葉県の吉田記念テニスセンターで全国選抜テニス選手権がありました。

14歳以下女子シングルスに寿珠ちゃんが出場しました。

寿珠ちゃんは関西2位通過でしたが、関西からの3名出場でしたが、欠場者1名いたので繰り上がりで1名ドローインし合計4名でした。

 

結果

1回戦 4-6 6-2 5-10 で敗退しました。

対戦相手は、昨年準優勝で第5シード選手でした。

昨年準優勝で5シードというこが驚きでした。

体格が良くサーブストロークがとても攻撃的なすばらしいプレイヤーでした。

ファーストセット序盤2-0とリードしていましたが、中盤追い付かれ逆転でとられてしまいました。

4-5 の寿珠ちゃんサーブ40-0をとれなかったのが痛かったですね。

対戦相手の調子も上がってファーストセットを落としてしまったので、このまま押し切られるかと思いました。

しかしセカンドセットは粘り強いラリーで相手のミスを引き出し、スコアに余裕ができた時は、攻撃に転じる場面もありました。

セカンドセットをとって少し気持ちが緩んだのか、ファイナルのスーパータイブレークが始まった時、まとまってポイントを落としてしまいました。

後半少し追い上げましたが流れが相手にありました。

とても惜しかったです。

寿珠ちゃんも全国大会なので相手の選手も有名な選手だしどこかで名前負けしていた部分があったと思います。

今大会で自分自身もこのレベルに混ざって充分戦えるという自信がついたと思います。

これが大きいと思います。

夏の全日本ジュニアは、出場しに行くのではなく勝ちに行く気持ちで臨めるのではないでしょうか。

(まだ出場はきまっていませんが・・・関西予選を勝ち上がるのはとても大変)

 

寿珠ちゃんに勝った選手は、ベスト8まで勝ち進み1シードの選手と対戦し 6-0 3-6 6-7 でした。

会場中の注目を集める素晴らしい試合でした。

1シードの選手はもちろん関西1位の選手です。

 

やはり関西のレベルは高すぎますね。

4名参加で

4シードの選手とファイナルセットまで戦った選手

5シードの選手とファイナルセットまで戦った選手

残る2名はベスト4に残りました。

準決勝で当たったので関西同士の決勝にはなりませんでした。

今日の決勝も頑張って欲しいです。

 

14歳以下男子もベスト8に3名 ベスト4に2名残りました。

14歳以下女子も今日決勝に残った選手がいます。

12歳以下男子はベスト8で負けてしまいましたが、第1シードがついておりました。

 

関西のレベルが高いのは嬉しいですが、全国大会に出場するのは大変ですね。

練習も大切ですが色んな所に遠征する機会をどんどん増やさないとだめだと実感しました。

 

吉野浩史

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GW合同練習会

2022年5月6日 金曜日

5月3日・4日・5日で合同練習会を行いました。

最初の2日間はトップアスリート神戸の皆さんが来てくれました。

何名かのメンバーは、奈良で宿泊し1泊2日の日程で参加してくれました。

初日は、対抗戦をしてその後、練習試合を行いました。

2日目は、全員参加のトーナメントを開催しました。

3日目は和歌山のTMDアカデミーの皆さんが来てくれました。

コーチ同士親交のあるユニークスタイルのジュニアも参加してくれました。

3日目は、対抗戦もトーナメントしました。

 

初日の対抗戦は、トップアスリート神戸さんの方が人数が多かったので、滋賀県のジュニア選手が佐保山チームに助っ人として入ってもらい行いました。

シングルスで負け越しましたが、ダブルスで巻き返して何とか勝つことができました。

やはりシングルスの強化が課題ですね。

 

2日目のトーナメントは夏都君が優勝しました。

接戦もたくさんありましたが、しっかり勝ち切ることができました。

 

3日目の対抗戦は、佐保山・TMD関係なく参加者全員を2チームに分けて行いました。

私が担当したチームは負けてしましました。

ダブルス1・2・3がすべて4-6の接戦で落としたのが痛かったですね。

その後のトーナメントは夏都君が優勝しました。

持ち前の攻撃的なテニスに安定感も備わってきました。

 

3日間通じて全勝したジュニアはいませんでした。

僅差の相手とたくさん試合ができて良い経験になったと思います。

負けた選手にリベンジ戦を望み、リベンジを果たした試合もたくさんありました。

更に1勝1敗になったので最期に更に決着をつけにいった試合もありました。

 

とてもしんどい3日間になったと思いますが、写真の通りとても明るく元気な表情で写っています。

楽しい3日間になって良かったです。

いつも来てもらってばかりなので、こちらから遠征もしていきたいですね。

佐保山テニスクラブのジュニアにとっても慣れていない場所でプレーする経験も必要なので。

 

吉野浩史

 

 

 

 

 

奈良県中学生大会

2022年4月20日 水曜日

奈良県中学生大会の残り試合が行われました。

 

シングルスベスト8で敗れたさらちゃんと寿桃ちゃんの順位決定戦がありました。

寿桃ちゃん6位

さらちゃん7位でした。

 

夏都君のシングルスは、その後1回勝ちベスト4でした。

さらちゃんのダブルスは、優勝でした。

 

夏都君のシングルスとさらちゃんのダブルスは、近畿大会出場確定です。

寿桃ちゃんのシングルスは、微妙なところですね。

 

次の近畿大会で勝ち進めば全国中学生テニス選手権大会に出場できます。

近畿大会で更なる活躍を期待ですね。

 

吉野浩史

 

MUFG全国大会・奈良県小学生大会・奈良県中学生大会

2022年4月11日 月曜日

4月に入ってからいろいろな試合がありましたので結果報告をします。

 

まず最初は、MUFG全国大会16歳以下女子シングルスに出場した寿珠ちゃんの結果からです。

残念ながら1回戦突破はできませんでしたが、フィードインコンソレで4回戦まで進出しました。

2回戦負けの選手までがコンソレに回るので、2回戦に進んだ選手にも勝つことができました。

ファイナルセットになった2試合に勝ったことも素晴らしいことだと思います。

16歳の大会に14歳で参加し戦うことができたのは、大きな自信になったと思います。

今までやってきたことが、少しずつ活きている実感を持ってくれたら嬉しいですね。

 

勝ちを重ねることで覚醒していく選手は、たくさんいます。

上へ駆けあがる選手は、行くときは一気に行きます。

理由はいろいろあると思いますが、自分が強いと思っている選手に勝つことにより、自分自身が自分の可能性に気付くんだと思います。

もともと僅差のところに何人もの選手がいるので少しの気持ちの変化で大きくプレーが変わります。

今ちょうど、その時のような瞬間ではないかと感じています。

 

本番は、5月に千葉県である全国選抜14歳以下女子シングルスです。

この試合は寿珠ちゃんの同年代が競い合うので、上位進出目指して頑張って欲しいです。

トーナメントに勝ち進むことにより、本人の意識が、全国でも勝てるという自信・確信に変われば優勝も狙えると思っています。

 

私は幼い時から口だけは、でかいこと言うなぁと、周りからよく言われてきました。

ブログを読んでくださっている方々も、いつもでかいこと書くなぁと思っておられるかもしれません。

しかし今でもそこを目指して信じることは大切だった思います。

少なくとも、そこを目指さず信じない選手が辿り着くことはない場所なので。

それは、選手・コーチ共、変わらないと思います。

寿珠ちゃんも、自分の可能性を信じてポジティブな発言や行動を、とれるようになって欲しいですね。

 

 

奈良県小学生大会は、遼己君・一希君・匠君が参加しておりました。

 

遼己君は、ベスト16決めの試合で 4-6 でした。

遼己君は、春ジュニアに続き2度目の試合でしたが、しっかり戦えたと思います。

 

一希君もベスト16決めの試合で   3-6でした。

一希君は初戦でシード選手に勝ったのですが残念でした。

ベスト16に入れば順位戦で勝てば関西小学生の可能性がありましたが、現状では出場は厳しいと思います。

 

匠君は、ベスト8に入り順位戦の結果6位です。

ベスト8までは、危なげなく勝ち進みました。

少し安定感がでてきました。

関西小学生出場はほぼ確定ですね。

関西小学生での活躍に期待します。

 

 

奈良県中学生大会は、夏都君・悠君・佑君・さらちゃん・寿桃ちゃんが出場しました。

 

佑君 2回戦負け

悠君 ベスト16

さらちゃん・寿桃ちゃん ベスト8  でした。

ベスト4までしか近畿大会に出場できないので目的は達成できませんでした。

 

夏都君のシングルスがベスト8でまだ残っています。

さらちゃんのダブルスもベスト4でまだ残っています。

 

あと1回勝てば近畿大会出場決定なので頑張って欲しいですね。

続きは16日あります。

 

吉野浩史

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都ジュニア2

2022年4月2日 土曜日

京都ジュニアの結果報告です。

 

16歳以下女子の佐与ちゃんは、シングルス・ダブルス共に本戦の1回戦で負けてしましました。

 

14歳以下女子の寿珠ちゃん・寿桃ちゃんは、シングルスベスト4  ダブルス優勝でした。

シングルスは準決勝で2人とも負けてしまいました。

ダブルスは、優勝してくれました。

 

奈良・京都共に関西ジュニアの予選が終わりました。

関西ジュニアに参加できるジュニアは、ほぼ確定者で7名ぐらいでしょうか。

全員出場は、果たせませんでした。

 

4日からMUFG全国選抜ジュニアトーナメントに寿珠ちゃんが出場します。

大会ばかりで大変ですが、シングルスの全国デビュー戦なので暴れてきて欲しいですね。

 

来週は、奈良県小学生が始まります。

今まで奈良県小学生に参加した佐保山テニスクラブの6年生は、全員が関西小学生に出場しておりますので、今年の6年生にも期待します。

 

話は変わりますが、ジュニアの練習をお手伝いしてくれていた敦也コーチが、大学卒業・就職のため3月28日で最後の練習となりました。

今までたくさんジュニアのヒッティングやレッスンをしてくれました。

ありがとうございました。

奈良県に戻ってくるときは、ジュニア達の成長を見に来てくれると嬉しいですね。

練習後に撮影したので、何名かのジュニアが帰ってしまった後でした・・・・・・。

すいません。

 

春ジュニア奈良・京都

2022年3月27日 日曜日

春季ジュニア結果です。

 

14歳以下女子シングルス 

理沙子ちゃんベスト8

葉乃音ちゃんベスト16

でした。

 

16歳以下女子シングルス

準決勝に残ったさらちゃんですが、SF 3-6 で負けてしまいました。

さらちゃんがポイントを取るのが先か、ミスるのが先かどちらかのような試合展開でした。

誰とやってもこの展開になるので、フットワークを鍛えてミスを減らす工夫をしていきたいですね。

3位決定戦には勝ったので3位です。

 

14歳以下男子ダブルス

決勝に残った陽平君ですが、見事優勝を果たしました。

ものすごく引き締まった試合でした。

序盤相手の調子が上がらない間に2-0になったことと、2-0の15-40から挽回してゲームを取り3-0にしたことが大きかったですね。

6-2から6-5に追い付かれた時は、このままやられると思いましたが、踏ん張ってくれました。

結果8-5でした。

序盤のリードのおかげでした。

パートナーの圭吾君は終始、落ち着いていたので、陽平君も安心してプレーできました。

前回負けた時から比べると、とても成長してくれたと思います。

 

京都ジュニアも始まりました。

16歳以下女子では、佐与ちゃんが、シングルス・ダブルス共に本戦出場を決めました。

(本戦ドロー数は、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローです。)

本戦も勝ち進んでほしいですね。

 

14歳以下女子では、寿珠ちゃんと寿桃ちゃんが、シングルス・ダブルスともに残っています。

次は、シングルスは、準決勝、ダブルスは決勝です。

準決勝は、2人が対戦しなくてよい、ドローなので、決勝で対戦してほしいですね。

ダブルスは、もちろん優勝してほしいですね。

京都の続きは31日と1日です。

また今日のように、優勝報告ができればといいなと思います。

 

吉野浩史

 

 

奈良県ジュニア春季

2022年3月22日 火曜日

3月19日20日21日と春ジュニアが始まりました。

たくさんのジュニアが出場したので観れていない試合もたくさんありますが、まずは結果報告です。

終了したジュニアは、こちら

 

ダブルス

 

16歳以下男子ダブルス ベスト16 悠君・櫂叶君ペア

                 ベスト8 夏都君ペア

 

16歳以下女子ダブルス ベスト8 さらちゃんペア

 

14歳以下男子ダブルス ベスト8 康都君ペア 光輝君・佑君ペア

                ベスト4 慶歩君ペア

 

14歳以下女子ダブルス 3位 理沙子ちゃん・葉乃音ちゃんペア

 

シングルス

 

16歳以下男子シングルス ベスト16 櫂叶君

                 ベスト8 夏都君

 

14歳以下男子シングルス ベスト16 陽平君 光輝君 佑君

 

12歳以下男子シングルス ベスト16 匠君

 

 

16歳以下女子シングルスでさらちゃんが準決勝に進出しました。

14歳以下男子ダブルスで陽平君が決勝進出しました。

優勝目指して頑張って欲しいです。

 

京都ジュニアも間もなく開催されます。

こちらも優勝目指して頑張って欲しいです。

 

京都ジュニアに14歳以下女子シングルスに出場する寿珠ちゃんが、4月5日から始まるMUFG全国選抜ジュニアテニストーナメントに出場が決定しました。

MUFGの全国大会は16歳のジュニアまで出場できる大会なので14歳以下での出場は異例ですね。

こちらも思い切ってチャレンジしてくれると思います。

 

吉野浩史

 

 

 

 

 

 


Copyright(C) 吉野テニス企画. All Rights Reserved.